世界の早期教育

胎児から幼児でも早期教育が実施されている家庭もある。
通信教育などで小学生やその前から早期教育を始めている家庭が最近多い。 日本だけでなく、世界でも様々な早期教育が行われている。 少し前まで早期教育とは幼児期などに芸術や運動の分野で早くから指導を行うことを意味してきた。 最近での早期教育とは芸術や運動のことを指さず、勉強による教科教育が行われている。

今、日本だけでなく世界の非英語圏での国で義務教育における英語の授業の開始年齢が前倒しされている。 世界中で英語教育を早くから進めようと親たちが動き回っている。 アジア諸国の中国や韓国では、英語を話すベビーシッターを雇うなどしている。 アメリカでは赤ちゃん用の専用ソフトウェアが発売されており、その使用開始年齢は9カ月である。

世界の中で教育熱心なところはイスラエルであるだろうと考えられている。 昔からイスラエルのユダヤ社会では子供への教育が大きな位置を占めていた。 英語での「教育ママ」はJewish Mother(ユダヤ人のママ)とまで言われている。 ユダヤ社会では昔から学術や芸術に優れた人材を生み出してきた過去がたくさんあるので教育熱心になった。
世界でも様々な早期教育が行われ、将来への期待がなされている。