小学生の通信教育などの早期教育

早期教育とは、子供(本人)ではなく保護者や国家などの大人の意向で、一般よりも早く教育させること。
韓国や中国でも早期教育は盛んである。 低い年齢での教育をする理由は脳が柔軟なうちに知的好奇心を促進し、教育を始め脳の活性化を進めたいから。 高い吸収能力や順応能力を持つ幼い間に教育を開始することで優秀な人間に育つという理由がある。

早期教育はエリート教育、ギフテッド教育と重なる部分が多い。 エリート教育とは一流といわれる大学入学など将来の安定を目指す教育指針である。 エリート教育は一般よりも早く進級、修了することはあるが、早期教育により 目標達成の結果が厳しい。

ギフテッド教育とはギフテッドと診断された子供用に開発された特別支援教育の一種である。 超早期教育は胎児や乳児の時に脳に刺激を与えるような活動を行う教育のことである。 幼児教育は小学校に就学する前に文字の読み書き、計算、外国語などの教育をさせること。
早期教育は家庭によって導入する目的や実践内容は様々ある。 明治時代に年齢を基本にする学年制が確立し、義務教育が行われたので早期教育はなくなったとされる。 早期教育は江戸時代やそれ以前にも存在していたとされる。