大学通信教育

大学通信教育は、大学がおこなう通信による教育のことである。
大学通信教育は、主に「印刷教材等による授業」とスクーリングによって行われることが多い。 単位修得試験などの審査に合格することで単位を修得することができる。 大学の通信教育の単位修得試験は大学の通学課程に比べて、難しいことが多い。 大学通信教育の学べる分野は、主に文科系の学問である。

最近は文科系以外の学問も学べるようになってきている。 入学者選抜については、学部の課程では出願時の書類による審査が主流で、入学試験が行われることが少ない。 大学通信教育は、学校教育法に定められたものである。 大学通信教育でも、卒業または修了すれば、通学課程と同様に学位が授与される。
日本での大学通信教育は、明治期に各学校によって刊行されていた講義録であるとされている。 現在のような大学通信教育は、1946年3月に学校教育法によって制度化されたものである。 1947年10月に法政大学で初めて大学通信教育課程が開始された。 1948年には法政大学・慶應義塾大学で初めて大学通信教育課程のスクーリングがおこなわれた。 60年代~70年代にかけて通信教育をおこなう大学は関東地区の大学で多くなった。 1981年にはテレビやラジオ放送による教育をおこなう放送大学が設立された。